エチケット・マナーについてETIQUETTE

ドレスコードについて

ゴルフは、マナー・エチケットを重んじるスポーツです。
周囲の人に違和感や不快感を与えない品位ある服装を心がけて下さい。
極彩色や迷彩柄の着衣はご遠慮ください。
1.遵守義務
  • ゲストを同伴される場合、メンバーは事前にゲストにこの規則を示し、遵守するようご協力をお願い致します。
  • 規則に反する行為があった場合、フェローシップ委員会及び倶楽部事務局が警告を与えることがありますので、予めご承知おきください。
2.クラブハウスの入退場時
  • スーツ・ブレザーを必ず着用して下さい。(6/1~9/30を除く)
  • 襟付き・袖付きのシャツ等を着用し華美なものはご遠慮下さい。尚、男性の裾出しは厳禁です。
  • ジーンズ・スニーカー・サンダル等でのご来場はお断りします。
  • 携帯電話はハウス入り口からマナーモードにして下さい。尚、ハウス内では小声で、人前での使用は避け、また食堂・茶店では外に出て使用することを守って下さい。
3.コースでのプレー時
  • 危険防止の為、ひさし付き帽子を必ず着用して下さい。尚、サンブロックキャップ及び着脱式フラップの着用は禁止です。(フラップ付レインキャップを含む)
  • 襟付き・袖付きのシャツ等を着用し華美なものはご遠慮下さい。尚、男性の裾出しは厳禁です。
  • 高機能シャツは、他のプレーヤーに不快感を与えない色合いのものを着用して下さい。
  • 女性が丈の短いシャツ等を着用する際は、必ず下に高機能シャツ等を着用して下さい。
  • 上着(ウインドブレーカー・ブルゾン等)を着用する際は、ゴルフ用を着用して下さい。
  • カーゴタイプ(襠・厚みのあるもの)・ジーンズ等の着用は禁止です。
  • 男性の半ズボンは膝丈のものとし、クロップドパンツ(七分丈パンツ)等は禁止です。
    尚、半ズボンを着用する際は、ロングソックスを着用して下さい。
    ※スポーツ用サポーター(足用)はロングソックスの代わりにはなりません。
  • 極端に丈の短いスカート(キュロットスカート含)・ショートパンツ(ホットパンツ)及びレギンス、ノースリーブシャツ等は禁止です。
    尚、スカートを着用する際はいかなる場合でもスカートの内部が見えない丈の長さのものを着用してください。
  • ソフトスパイクを着用して下さい。
  • タオルを首に巻かない・肩に掛けない・腰に提げないことを遵守して下さい。
  • 携帯電話の使用はご遠慮ください。
4.喫煙
  • ハウス内1階ロビー・ロッカールーム・浴室脱衣所内及び2階レストラン一部座席は禁煙です。
  • コース内ではティーインググラウンド以外は禁煙です。
ゴルフ場内の服装について

エチケットについて

「ゴルフ規則」第1章エチケットの項について再確認し順守しましょう。

フェローシップ委員長

1.コース上での心得

ゴルフの精神

  • 審判員の立ち会いはなく、各人が他のプレーヤーに対しても心くばりをし、ゴルフ規則を守って誠実にプレーすること。
  • 礼儀正しさとスポーツマンシップを常に示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうこと。

安全の確認

  • ストロークや練習スイングは安全を確かめて行うこと。
  • 前の組のプレーヤーが球の届く範囲外に出るまでは、プレーを始めてならない。(打ち込み厳禁)
  • 打った球が誰か人に当たる危険性のある方向に飛んで行った場合、大声で「フォー!!」と掛け声で危険を知らせる。
2.他のプレーヤーに対する心配り
  • 他のプレーヤーの邪魔にならないように、むやみに動いたり、大声で話し合ったりしない。
  • ラウンド中の携帯電話の使用は他のプレーヤーの集中力を乱しますからやめましょう。
  • ティーインググラウンド上では、プレーヤーは自分の打順となるまでティーアップしてはならない。
  • プレーヤー全員がそのホールのプレーを終えるまで、パッティンググリーン上かその近くで待っていること。
  • パッティンググリーン上ではプレーの線上に立たないこと。
3.プレーのペース
  • 早めのペースでプレーしましょう。前の組に遅れないようについて行くこと。
    完全に1ホール空いて後続組を待機させる時は、先行権を譲ること。
  • 自分達のプレーする順番になったら、すぐにプレーできるように準備しておくべきです。
  • 打った球が紛失球又はアウトオブバウンズかも知れないと思った場合は、時間節約のため、暫定球をプレーすべきである。
  • 1ラウンド4時間以内のプレーに努力して下さい。
    ペースの遅い場合は、「マーシャル」が巡回します。
4.コースの保護
  • バンカーは、プレーヤー自身がバンカーレーキを使って平らにならすこと。
    (バンカーには低くて近い縁から出入りする)
  • ディボット跡は、キャディーに目土するよう命じて下さい。
  • ボールの落下跡はグリーンフォークで入念に直し、パターヘッドで軽く押さえつける。
    (芝を持ち上げずに寄せること。)
  • 不必要なコースの損傷の防止の為、金属スパイクシューズは禁止です。
    ソフトスパイクを使用してください。
  • 素振り等で芝を傷つけないこと。
  • 旗竿を持つ時、ホールの近くに立たないこと。
    又、旗竿を置く時は、グリーン面を傷つけないよう静かにグリーンの外に置くこと。